roomy_performance_img01

高速道路でもストレスフリー。
1.0L 1KR-VET VVT-i ターボエンジン

1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮する、走りの楽しさと低燃費を両立した1.0L 1KR-VET VVT-i*1ターボエンジンを新開発。卓越したパフォーマンスは、高速道路でもストレスを感じない加速性能を実現しています。またアクセル操作に対し、優れたレスポンスをもたらす、スポーツモードをステアリングスイッチに設定しています。
*1. VVT-i[連続可変バルブタイミング機構]:Variable Valve Timing-intelligent
'.$imgobj_pc['alt'].'
いつでもどこでも静かな車内。
静粛性
高速道路を走行中でも快適に会話を楽しめる静粛性を実現しています。それはクルマの随所に吸遮音材を配置し、音の経路の遮断や侵入を抑制するなど、さまざまな工夫を積み重ねることで、エンジンの透過音やロードノイズ、こもり音などを低減しているからです。
'.$imgobj_pc['alt'].'
ふらつかないスタンス。
操縦安定性
トールボディでありながら、ワイドスタンスを実現。さらにボディの高剛性化とともに、サスペンションの剛性アップを図ることで、高速走行のコーナリングや車線変更でも、穏やかな動きで姿勢変化が少なく安定します。無駄なステアリング操作が少なく、ストレスも軽減した快適な乗り心地です。
低燃費に貢献する機能を全車に。
アイドリングストップ機能(Stop & Start System)
赤信号の手前など減速時約7km/hからエンジンを自動的にストップ*1。停車している間だけエンジンを止めるアイドリングストップシステムよりも長くエンジンを止められるので、ガソリンの消費をより抑えられます。またアイドリングストップ状態でも、オーディオやナビの使用が可能です。

*1. シフトがDポジションの状態でブレーキを踏み、車速約7km/h以下になるとエンジンが自動的に停止します(エンジン停止には、いくつかの条件があります)。またエアコンは自動的に送風に切り替わります。